湖東焼

湖東焼 ( ことうやき )

彦根市で江戸時代後期に焼かれた焼物。
文政 12 (1829) 年彦根の絹屋半兵衛が開窯。
天保 13 (42) 年これを上納し、井伊直亮によって藩窯とされた。
諸国より多くの陶工を招いて指導させ名品を焼いたが、文久2 (62) 年に廃窯。染付の作品が多いが、赤絵,金襴手 (きんらんで)、錦手など、各種の陶磁を写した精巧な作も多い。
なお井伊直弼時代のものには優品が多くみられる。

琵琶湖東岸の滋賀県彦根市付近で焼成された陶磁器。
井伊家の藩窯となったが、文久2年(1862)廃窯。
広義には明治28年(1895)まで同地方で焼かれたものも含む。

江戸後期から明治時代にかけて滋賀県彦根付近に産した陶器。
彦根の商人が始め、のちに井伊家の藩窯となった。

滋賀県彦根市に江戸末期に開かれた陶磁器窯。
初め陶窯隆盛の時流に誘われて造酒家仁右衛門(じんえもん)が城南の坂田郡原村に陶窯を開き、彦根の絹屋半兵衛が1829年(文政12)に本格的に参加し民窯絹屋窯(きぬやがま)が始まった。
その後1842年(天保13)に彦根藩主第14代井伊直亮(なおあき)がこの窯を藩窯と定めたが、経営が行き詰まり、16代直憲(なおのり)のとき、62年(文久2)に藩窯は廃止となり、同年9月、藩窯時代の陶工が山口窯をおこしたが、95年(明治28)にそれも廃された。
藩窯時代には「湖東」「金亀(きんき)湖東」「淡海彦城(おうみげんじょう)」「金亀山製」の銘款を製品に付し、染付、赤絵、青磁などの磁器の精品を焼き、日本の伝統陶磁も模倣して技巧の妙を発揮した。