古曽部焼

古曽部焼 ( こそべやき )

摂津国古曽部(大阪府高槻市)で産した陶器。
遠州七窯(なながま)の一つで、開窯は桃山末期から江戸初期。
「古曽部」の印を用い、三島手・絵唐津などの写しのほか特色ある赤絵を作った。

摂津国古曽部で産した陶器。
開窯(かいよう)の時期は不明だが、寛政(1789~1801)以降は活動していた。
遠州七窯の一つに挙げる書もある。
唐津・三島の写しや、赤絵に特色のある作がある。
明治末期に廃窯。

古曽部焼(こそべやき)は、江戸時代後期から大正時代にかけて、摂津国嶋上郡古曾部村(現大阪府高槻市古曽部町)の五十嵐家の古曽部窯で生産された陶器。
近年、五十嵐家五代の当主たちによる明治末期までの古曽部焼と、大正年間、「窯元も含む(古曽部)村の有志」が京都五条坂の陶工河合磊三を招き、河合の成型した器を古曽部窯にて焼成した磊三古曽部(らいぞうこそべ)(復興古曽部)とに区分されている。
さらに昭和後期〜平成期の「新古曽部」の作品(昭和後期に寒川義崇・七里寿弥ら現代の陶芸家が高槻市内の各地で開窯した工房で「古曽部焼」の名称を用いて製造した作品)を含める場合もある。