熊川

熊川 ( こもがい )

高麗茶碗の一つで、朝鮮慶尚南道で焼かれました。
口縁は反り返り、胴はふっくらと丸みを帯び、高台が高いことが特徴です。
見込みに鏡と呼ばれる円形の窪みがあり、色は茶褐色のものが豊富です。
この茶碗も昔雑器だった茶碗を見立てて形や色が面白いので、取り上げられたと思われます。
茶人の感覚は、芸術的にも素晴らしいものがありますが、庶民に使われてきて、長年手垢の付いた作品が好まれる傾向があります。