刻印

刻印 ( こくいん )

印を彫ること。また、その印。

江戸時代、品質証明あるいは偽造防止・盗難防止のため、品物や金銀貨に押した文字や印形。

銘文と共に、自作を証明する手段として独自の紋章を茎に刻み込むこと、またその印章。
偽物を防ぐ目的と、美感を高める目的があった。