古墳

古墳 ( こふん )

古代の墓で、土を高く盛り上げ、その中に遺骸を納めたもの。
中国、朝鮮にもみられるが、日本では3世紀の後半から7世紀頃にかけて造られた墳墓をさし、特にその時代の貴族や地方の豪族など当時の支配者またはそれに準じる身分の高い人を葬ったものと考えられている。
日本史の時代区分ではこの古墳の造られた時代を古墳時代という。
外形上、前方後円墳、円墳、方墳、上円下方墳などに分けられ、その構造や規模もさまざまである。
石を積み上げて横穴式石室を造っているものが多い。
出土する副葬品は、鏡、玉、剣、その他の武具や馬具などで、墳丘からは埴輪が出土するものもある。
古墳は単一に存在する場合もあるが、ある地域に集って古墳群を形成することが多い。

古代、土を高く盛り上げてつくった有力者の墓。
現在では、墳丘をもつ墓は弥生時代にさかのぼることが判明したため、前方後円墳出現以降のものを古墳とよぶ。平
面形により、円墳・方墳・前方後円墳・前方後方墳・双方中円墳・上円下方墳とよび分ける。

高塚とも。
土盛りや石積みのある古代の墳墓で、おもに有力者の墓。
中国では、戦国時代に方形、台状の墳丘が多く、漢代に円形の墳丘も出現する。
主体部は戦国時代のものの多くが竪穴(たてあな)式で、木槨(もっかく)、木棺を有する。