光風会

光風会( こうふうかい )

日本の美術団体であり、一般社団法人である。
一般社団法人光風会は絵画と工芸の2部門で構成され、長い伝統に培われながら常に文展、帝展、日展の中核として発展し続けている。
白馬会解散後、1912年(明治45年)に設立された。
発起人は中沢弘光、跡見泰、山本森之助、三宅克己、杉浦非水、岡野栄、小林鐘吉の7人であった。
明治45年6月、第1回展を上野竹之台陳列館において開催した。以降、戦時下などでの開催が不可能な場合を除き、ほぼ毎年公募展を開催している。
2007年(平成19年)には、東京都美術館から国立新美術館に会場を移して第93回光風会展を開催した。
2014年(平成26年)には、第100回記念光風会展を開催し、光風会100回展記念の企画展として東京ステーションギャラリーで「洋画家たちの青春 – 白馬会から光風会へ」を開催した。その後、松坂屋美術館(名古屋市)に巡回した。
1939年(昭和14年)に工芸部が設立され、現在は絵画部と工芸部で構成されている。
1954年(昭和29年)2月に公募団体として、はじめて光風美術会が公益法人である社団法人の認可を受けた。