古筆

古筆 ( こひつ )

単に古代の筆跡という意味ではなく、大体平安時代から鎌倉時代にかけて書かれた和様書道の優品をさしていいます。
ある場合にはもっと範囲を狭くしてその優品中でも特に仮名書きのものをさします。
桃山時代 から江戸時代初期にかけての茶道の盛行に伴ない、鑑賞用として古筆が盛んに愛好された結果、巻子や冊子の完全な形で伝えられた歌集などが多くの愛好者のために、幅仕立に適する大きさに切断されました。
こうして切断されたものを「古筆切」とよびます。
このことは今日もなお行われていて、それらの断簡は切断された当時の地名に因んで命名したり(例、高野切)、所有者の名に因んで命名したり(例、本阿弥切)、切断した時に因んで命名したり(例、昭和切)する習慣があります。