粉引

粉引 ( こひき )

高麗茶碗の一種で、鉄分を多く含んだ素地の内外に白く化粧掛けして、
透明釉を掛けたもの。
粉を吹いたようであるところから、その名があります。
茶道具の中でも茶碗は昔から一般に使われていた雑器だった品物を茶人が景色があるとか、味があるとか評価して高価な品物として取引されるようになっています。
簡単な景色ですが、この茶碗も同じことが言えると思います。