国画会

国画会( こくがかい )

美術団体。 1918年1月に土田麦僊、村上華岳、小野竹喬ら5名の日本画家が国画創作協会を結成。 25年3月に川島理一郎、梅原龍三郎らの洋画家を迎え洋画部 (版画を含む) として第2部を設置。その後工芸、彫刻を加えて 28年まで公募展を開催。同年4月第1部 (日本画) は解散を声明したが、第2部は国画会と改称して独立発足し、絵画部、版画部、工芸部、写真部、彫刻部などを設けて現在にいたる。

美術団体。昭和3年(1928)国画創作協会解散に際して、第二部(洋画・工芸・彫刻)の梅原竜三郎・富本憲吉らによって発足。のち、版画部・写真部を設置。

絵画、版画、彫刻、工芸、写真の美術団体。1928年国画創作協会の解散に際し、梅原竜三郎、川島理一郎らの第2部(洋画)を母体として結成、旧会員の富本憲吉、金子九平次も参加して絵画・彫刻・工芸3部で発足。さらに高村光太郎、椿貞雄らを加えて翌年公募展を第4回展として開催した。第6回展から版画部、第14回展から写真部を新設。毎年春に公募展を開催。

洋画、版画、彫刻、工芸、写真の美術団体。1928年(昭和3)国画創作協会第一部(日本画)は解散したが、26年から新設された第二部(洋画、工芸、彫刻)は存続し国画会と改称したのに始まる。旧会員の梅原龍三郎(りゅうざぶろう)、川島理一郎、富本憲吉、金子九平次(くへいじ)、山脇信徳(やまわきしんとく)のほかに河野通勢(つうせい)、椿貞雄(つばきさだお)らが加わり、29年4月、最初の展覧会を、旧国画創作協会第二部併設以来の回数を追って第4回展として開催した。その後31年に平塚運一が版画部を、39年に野島康三らが写真部を設置、同年彫刻部は解散したが、旧日本美術院彫刻部の山本豊一らによって結成されたグループが加わり63年(昭和38)に再組織された。現在毎年春に公募展を開催。