交易

交易 ( こうえき )

商品交換、いわゆる貿易と同義であるが、貨幣を用いない物々交換を含むか、ないしは物々交換に重点をおいた語として用いられる場合が多い。
交易の歴史は古く、貨幣経済に先行する時代のみならず、原始社会においてすら行われた。
人類の歴史は一面交易の歴史ともいうことができ、隊商、シルクロードという言葉にもみられるように、人類の文化の発展に大きく寄与してきた。
しかし、商品交換としての交易が社会的規模で、しかも社会の再生産の不可欠の過程となるのは、貨幣経済の成立、ひいては資本主義的商品生産の確立をまたなければならなかった。

特定の個人あるいは集団の間で価値あるものを互恵的に交換する体系のこと。
交易は大別して、貿易など経済上の生活必需物資の交換(この場合には市場の形成に関連する)と儀礼的に交換する場合とに類別できようが、前者は貨幣を媒介とする商業的レベルで、また、後者は直接的な物々交換に重点を置いて行われることが多い。
したがって、経済的交易は貨幣経済の発展を前提とした交易であるのに対し、儀礼的交易は物品に対する等価意識や呪術的認識が前提となる。