古代人形

古代人形 ( こだいにんぎょう )

江戸時代前期から中期・後期を中心に大正時代にかけての人形を指します。
御所人形・立雛・享保雛・武者人形・嵯峨人形・木目込人形・市松人形・竹田人形・衣裳人形・三つ折人形等があります。
元々を言えば、昔の人形に人気がでたのは、フランス人形が人気がでて、高価に売買されるようになり、日本の人形も人気がでて、高価になりました。
最近では人気も落ち、価格的には下がっております。