北前船

北前船 ( きたまえぶね )

江戸時代,寛永年間 (1624~44) に日本海、瀬戸内海を経て大坂にいたる西廻海運に就航した廻船。
北陸では「べんざい」 (弁財船) と称した。
18世紀末には航路は蝦夷地まで延び、北陸、奥羽、松前の米穀や海産物を買入れて下関海峡を経て瀬戸内海に出て大坂にいたり、ここで積荷を売りさばいては酒、塩、雑貨を仕入れ、北国で売払って巨利を得た。
買積商内 (かいづみあきない) と呼ばれるように、運賃積によらず船主が売買問屋を兼ねた。
近江商人や北陸筋の商人が船主であった。
加賀の銭屋五兵衛は有名。
幕末から明治初期が最盛期で、中期以降は、汽船や内陸鉄道網の発達によって衰微していった。

江戸中期から明治の初めにかけて北海道と大坂(大阪)を結んで西廻航路を往来した廻船。
通称千石(せんごく)船で、弁才(べんざい)船・どんぐり船とも呼ばれた。
西国で米・塩・酒などを仕入れて、北国で売り、北海道や東北からは昆布やニシンなどを買い入れて日本海から下関を回って瀬戸内海諸島や大坂へ運んで売った。

江戸時代に北陸や東北地方西部の港から日本海を通り、関門海峡から瀬戸内海を通って、兵庫や大阪の港に行った大型の商船です。
途中、各地の港を訪れ、商売をしながら移動します。