煙管

煙管 (きせる)

刻みタバコ用喫煙具。
火皿、雁首(がんくび)、吸口からなり、多く中間を竹(羅宇(らお))で接続。
金、銀、青銅、真鍮(しんちゅう)などで一体に作った延(のべ)ぎせる、延ぎせるのうち小型で平たい鉈豆(なたまめ)ぎせる、江戸時代遊山の折などに用いられた3尺余の花見ぎせるなどがあり、象嵌(ぞうがん)や彫刻などを施した工芸的なものも多いが、現在、利用者は少ない。

煙管(きせる)は桃山時代にタバコとともに伝来し、装身具の一つとなるが、ことに江戸時代初期には大名の間で流行し、贅(ぜい)をつくして作られ、華美が競われた。