裂 ( きれ )

古代織物の断片。
歴史の古いものは古代裂といわれ、昔の高貴な人や茶人が愛蔵していたものは名物裂といわれています。
破片というか、断片なのか、昔は着物として着られていた布ですが、少ししか残っていない断片のような小さな貴重な布で、裂と呼びます。