金襴手

金襴手 ( きんらんで )

色絵の磁器に金彩を施して絢爛としたものをいい、ことに中国明代のものを指していうことが多いようです。
また赤絵の上に金彩が施されたものを赤絵金襴手といいます。
その他には、赤を地釉に用いた赤地金襴手や、瑠璃釉の上に金彩を施した瑠璃地金襴手、萌葱(もえぎ)釉の上に金彩を施した萌葱地金襴手、黄釉の上に金彩を施した黄地金襴手、白地の上に金彩を施した白地金襴手などがあります。

元々は中国明時代の技法ですが、日本の各地でも艶やかな模様が美しく、金襴を多く使った模様で日本では伊万里焼や九谷焼、薩摩焼などに多く見られます。

一色毎に焼成を繰り返すため、最低でも四回以上窯入れを行う、大変手間のかかる装飾技法です。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。