金襴手

金襴手 ( きんらんで )

色絵の磁器に金彩を施して絢爛としたものをいい、ことに中国明代のものを指していうことが多いようです。
また赤絵の上に金彩が施されたものを赤絵金襴手といいます。
元々は中国明時代の技法ですが、日本の各地でも艶やかな模様が美しく、金襴を多く使った模様で日本では伊万里焼や九谷焼に多く見られます。