金工作品

金工作品 ( きんこうさくひん )

金属に細工を施した工芸作品、美術工芸。
鋳金・彫金・鍛金・板金でできた作品などを含む。
金属を素材として作られた日常品や装飾品など。
これらの作品は、元々は刀装具や甲冑が作られていた日本の伝統技術でしたが、明治時代に戦いの道具を作ってはダメという法律が出来て、その時代の職人達が新しい技術を開発し、世界に日本の金工作品の素晴らしさを広めたのが、現在の日本の金工作品が世界の人に好まれる理由です。