金工細工

金工細工

金属工芸は、金属を材料に細工をほどこす工芸のいち分野です。
特に日本では、昔より刀装具類のように独自に栄えた文化があります。

彫金は、たがね(鏨)を用いて金属を彫ることです。
プラチナ、金、銀、銅、真鍮、鉄、アルミ、錫などの金属を主材料にして作ります。
彫金の技法は、 地金を図案に沿って糸鋸や鏨で切り取ったり、彫り抜く「透かし」
鏨を用いて地金を彫り模様や図案・文字を入れる「彫り」
地金の裏から大きく打ち出した後、表から細部を押さえていく「打ち出し」
本体の地金に意図する図案の溝を彫り、別の地金を嵌め込む「象眼」などがあります。

七宝焼は、金、銀、銅などの金属製の下地の上に釉薬を乗せたものを、800度前後の高温で焼成することによって融けた釉薬によるガラス様あるいはエナメル様の美しい彩色を施しているものです。
中近東で技法が生まれ、シルクロードを通って、中国に伝わり、さらに日本にも伝わりました。