金工家

金工家 ( きんこうか )

金属工芸作家のことを指し、金属を主要素材とする、さまざまな加工を施す職人。花器や置物などの日用品から、装身具や甲冑(かっちゅう)などの美術工芸品まで、その種類は多く伝統工芸品もある。素材となる各金属の特性を十分に理解し、その上で金属を溶かして型に流し込む鋳金、金属をたたいて成形する鍛金、金属を彫って装飾する彫金などの技法を身に付けたもの。工房、工場、金工家に弟子入りしたりするところからスタートし、一人前になるまで修業を続ける。

金工作品の技術は日本の大切な文化遺産で刀装具や刀の職人が支えてきた日本の職人技です。
昔から伝わった技ですが、現在ではなかなか継承出来る技術者は少なく、現在の日本では伝統技術を伝えるのも大変です。
昔の日本古来の彫金細工は、彫金細工や象嵌細工の技術を学び、長年をかけて技術を習得して、また伝承された日本の金工作品を作る技術と一体になり、完成されてきました。
このように金工家の技術は、大変な技術で長年をかけてやっと一人前の金工家になり、独立できるのです。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き、骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。