金工品

金工品 ( きんこうひん )

鉄や銅など金属製の道具を総じて「金工品」あるいは「金物」と呼ぶ。
古く戦国時代には甲冑や刀、鎖帷子などの武具にはじまり、鍬や斧、鍋や包丁、鉄瓶などの生活用具まで、道具を生みだし修理する多様な職人が存在した。

金属を素材として作られた日常品や装飾品、またその加工技術で、一般に金工と呼ばれている。
金属に細工をした美術工芸品。鋳金ちゆうきん・彫金・鍛金・板金ばんきんなどを含む。

奈良時代には仏教が発展し、仏像・仏具の製造や寺院建築などが盛んになったことなどによって加工技術も進歩して、日本各地で金工品が発展した。  
金工品に用いられる金属は、おもに銀、 銅や銅合金、鉄、炭素鋼(鉄と炭素との合 金)、錫など。
食器・ 調理器具、花器、茶道具、神仏具、文具、置物、 装身具、刃物(包丁、大工道具、農耕具など) などがつくられた。
金工品の工作に用いられる技法には、 「鍛たんぞう 造」 、 「鍛たんきん 金」、「鋳 ちゅうぞう造」などがあります。  
「鍛造」は、金属の棒や塊をハンマーで たたいたり、型に押し付けたりして形づくる技法。
「鍛金」は、金属の板をハンマーでたたくなどして形づくる技法。
「鋳造」は、融かした金属を鋳型に流し込んだ後に冷やし固める技法。
また、表面加工の技法には、「彫金」、「象 がん」などがあります。
「彫金」は、金属 の表面に模様を彫りこむ技法で、東京銀器などに施されています。
「象がん」は、金 属などの表面を削り取ったところに別の素材をはめ込む技法で、肥後象がん(熊本) などに施されています。  
着色を施す場合は、漆などを塗る方法のほか、「煮込み」 、「焼やきいろほう色法」などの技法が用いられます。