木彫り

木彫り ( きぼり )

木を材料にして彫刻すること。
また、その彫刻。
もくちょう。

装飾または美的な目的のために、鑿 (のみ) などの手工具で木を彫り込んで作った丸彫および浮彫の彫刻。
木に模様を刻む木彫作品と、木から形を作り出す木製彫塑の2種類がある。
日本では主として仏像の制作に用いられ,材料にはくす、けやき、かつら、かや、ひのき、松、くりなどが使われ、平安時代以前は1本の木から彫出す一木造が多かったが、その後寄木造法が完成し、ほとんど寄木造で造像された。

木を素材とした彫刻、浮彫。
木材は、石材、テラコッタ、ブロンズ(青銅)などとともにもっとも一般的な彫刻用素材であり、木材の産出する地域では手に入れやすいため、丸彫彫刻のみならず、建築、家具などの装飾や工芸品の素材としても多用された。
ただ、木材は湿気や火に弱く、石材や金属などに比べて長期の保存に適さないという欠点をもっている。
木彫には、のみ、小刀、錐など、各種の道具類を必要とするが、石彫に比較すれば加工は容易である。