景徳鎭窯

景徳鎭窯 ( けいとくちんよう )

中国江西省浮梁県にあり、起源は六朝時代に遡るとも伝えられ唐代には相当知られていたようです。
北宋の景徳年間(1004~7)官窯が設けられて以来、景徳鎮と称せられました。
北宋のものは器形・作風に優れ元から染付、赤絵等を焼きました。
明の景徳鎮廠窯では宣徳の染付・ 嘉靖の色絵・万暦の赤絵が優れ・明末には作風が乱れ粗笨な天啓独特のものとなりました。
清では康熙・雍正・乾隆に豪華な青磁を焼き、精巧な技は古今に絶しました。
景徳鎮は作品において、また世界最大の陶都として有名ですが、これは無尽蔵の原料があり、明以降中国内地需要の過半数を産し、また世界を市場として輸出し、一方南宋以降の中国政治経済の中心に近く、水運の使が極めて良いという地理的な理由にもよるのです。