数物

数物 ( かずもの )

一定の数で、ひとそろいになっているもの。
量産品の安価な物。ありふれた物。

例えば沢山の人が集まるお宅(例えば豪農や商家、またお茶会や懐石)では沢山の同じ種類の品物が必要となり、揃えておられます、このような品物を数物と言います。
数物は、一般的には農村の農繫期に多くの手伝いの人々が集まり、一度に食事をされる際に使われた食器のことですが、農家に限らず多くの人手がいる際の食事に使われた食器です。