家督

家督( かとく )

家を継ぐべき人。嫡子。あとつぎ。
相続すべきその家の財産・事業などの総体。跡目。「家督を譲る」などと使う。
その他、民法旧規定で、戸主の身分に備わる権利と義務。戸主の地位。
中世、一門・一族の長。棟梁(とうりょう)。
江戸時代、武士が、主君から与えられた封禄。など。

古くは本家、分家を含む一門の首長をさし、戦いには一門の統率者として臨み、本家の嫡子が代々相続した。しかし室町以降、一門の団結がくずれるとともに、家督は各家の家長を意味するものとなり、さらに転じて、江戸時代には家産をさすものとなった。

鎌倉時代以降、日本の封建制社会においてごく一般的に用いられていた用語であるが、南北朝時代の以前と以後とで、その意味はまったく異なる。鎌倉時代の例としては《吾妻鏡》の、秩父氏の家督を継ぐ河越重頼が、江戸氏をはじめ幾つかの武士団を統率したという表現をあげることができるが、この場合の家督は、秩父一門の族長のことであった。これに対して室町・戦国期の史料にみえる家督という語は、上のような一門一族のうちに成長してきた個々の家父長的家族(家)の統率者を指している。