片口

片口 ( かたくち )

鉢の口辺の一方に注口がついたものをいいます。
口縁部の片側に注ぎ口があることから片口と呼ばれ、鉢や壺、大型の甕にも見られます。
古くからある形状で、縄文土器や弥生土器にも見られます。
本来は台所用具として、油・酒・醤油などを、口の小さい容器に移すのに使われますが、茶道では唐津焼の小振りのものを侘びの茶碗として用います。

鉢で、取っ手がなく液体が流れやすいように一方に注ぎ口があるものです。
寸法が手ごろなところから、醤油や酒などを樽から取り出すときの食器として使われました。

現代では食器や酒器・花器など普段使いのうつわとして人気があり、片口は様々な用途で使われています。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き、骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。