片切彫

片切彫 ( かたぎりぼり )

彫金の一技法。
金属面に片刃の鏨を斜めに打込んで、肥痩のある線を彫刻する。
円山派の絵画の付立の筆法を彫金で表わしたもので、鏨先を深く一刀で彫り込む。
横谷宗珉の創意になると伝えられる。

彫金技法の一。
片切り鏨で片方を斜めに彫って線を描くもの。
江戸時代の横谷宗珉の創意によると伝えられる。

彫金法の一。
金属面に絵模様を表すのに、線の片側を面に垂直に彫り、他の片側を斜めに彫るもの。
横谷宗珉の創始。

四角い鏨の刃の角を使って、水墨画や書にある筆使いを彫りで表現します。
文字の跳ねや止めなど、まるで毛筆を用いて書いたように見えます。

彫刻で言うとノミにあたる「タガネ」という刃物、道具と金槌を使い、まるで筆で描いたような線を生み出していくものです。
切先が鑿のような形で、彫り線の片方を浅く、他方を深く彫り込んでいく技法です。
絵画の付立画法の筆勢を鑿で表現するのに適しており、筆で言えば穂先になるところを深く、腹のところを浅く一気に彫っていきます。
江戸時代中期の金工師 横谷宗珉(1670ー1733) の創始と言われ、幕末から明治にかけての加納夏雄はこの技法の名手でありました。