絣 ( かすり )

発祥の地はインド。
柄になる部分の経糸、緯糸を糸でくくって、色が染まらないようにしてから染色した糸を使って織られた織物。
糸でくくった経糸、緯糸が独特の柄を白く織り出します。
絣柄としては、蚊絣、十字絣、亀甲絣、井桁絣、絵絣などがあります。