鹿背

鹿背 ( かせ )

釉薬の表面が劣化すること。カセは本来かさぶたが乾くことを意味する。
鹿の背にあるような黄色がかった斑点模様のことで、御本(ごほん)の特長です。
一般的には御本茶碗に見られる模様で、鹿の体の表面にあるような模様のことを言います。
骨董的には、この模様が何とも言えない味があり、茶人や数寄者に好まれて重宝されています。