唐物

唐物 ( からもの )

中国 (唐土 もろこし) から舶載された品物の総称。
または、中国、その他の諸外国から渡来した品物のこと。
「とうぶつ」とも読み、これを唐物(とうぶつ)といったときは、中国以外の外国からの輸入品をも含む場合があり、〈とうぶつ〉は、江戸時代以後の表現である。
後世になると、南洋諸島方面の産である島物 (しまもの) に対して中国、朝鮮から輸入された器物を、唐物と呼んだ。
平安時代、「唐物の使」という役職があった。
鎌倉時代、栄西による禅宗の招来をはじめ、中国の文化・文物などのおびただしい流入があり、室町時代には絵画、磁器、漆器などの美術品を唐物と通称し、幕府はこの鑑識を担当する唐物奉行をおいた。
舶来品、とうもつ、ともいう。
唐物の用例は平安時代にさかのぼり、《源氏物語》に〈からもの〉の語がみえる。
《源氏物語》若菜・上に、〈帝、東宮を初め奉りて心苦しく聞召しつつ蔵人所、納殿(おさめどの)のからものども多くたてまつらせ給へり〉などがあげられる。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。