花押

花押 ( かおう )

古文書で、自分の印鑑の代わりに判を書くことです。
平安中期頃より用いられ、自筆のサインが草書体になり、さらに図案化したものでが花押です。