簪 ( かんざし )

女性の髪飾の一種。
挿頭(かざし)や、奈良時代日本に伝わった髪飾の釵子(さいし)が変化したもので、江戸中期以後盛んに用いられるようになった。
材料は金、銀、べっこう、サンゴ、ガラスなどで、定紋入りの平打や、玉簪、花簪、びらびら簪などが作られ、多くは耳かきがついていた。

女性の髪飾りの一。
前差し・中差し・後ろ差しがあり、平打ち・花かんざし・玉かんざしなどがある。
掻頭(そうとう)。