官窯

官窯 ( かんよう )

中国宮廷直属の陶磁窯。宋代の官窯が優秀な陶磁器を焼いたことで著名。北宋代には汝窯 (じょよう) があり、多く青磁が作られた。南宋代に入って浙江省杭州に修内司窯、郊壇窯が築かれた。景徳鎮窯は北宋代から築窯されているが、明・清代まで存続。日本でも平安時代の猿投 (さなげ) 窯、江戸時代の各藩の御用窯がこれに類する。

中国で、宮廷で用いる陶磁器を製造した政府の陶窯。また、そこで焼いた陶磁器。狭義には、すぐれた作品の多い宋代の青磁をさす。日本では江戸時代の藩窯がこれにあたる。

一般に民窯に対するものとしての官窯は、権力者、政府などが管理した陶窯のことで、中国の景徳鎮官窯をはじめ、韓国の広州官窯、日本の鍋島藩窯など、さまざまの性格のものがある。狭義の官窯は、宋時代に宮中の御用品としての青磁を焼いた、いわゆる宋官窯のことで、北宋官窯・汝窯(汝官窯)・南宋官窯(修内司窯・郊壇窯)がこれに当たる。その製品は中国の最もすぐれた青磁として喧伝され、竜泉窯その他でさかんに模倣が行われた。

中国の宮廷の窯かま。また、そこで製造した焼き物。柴窯・越州窯・景徳鎮窯などが名高い。日本では、平安時代の尾張産の朝廷用瓷器じき、また江戸時代の各藩の御用窯をいう。