官展

官展( かんてん )

文展、帝展、日展など政府が主催した展覧会の総称。文展は文部省美術展覧会の略称で、1907年から 18年まで 12回開かれ、日本画、洋画、彫刻の3部制をとった。 19年新たに帝国美術院規定が制定され、文展を帝国美術展覧会 (帝展) と改称、34年まで 15回行われた。その間 27年から美術工芸部門が設置され、32年から創作版画が加えられた。 35年に帝国美術院改組、帝国美術院官制制定などによって美術界が紛糾し、帝展は行われず、翌年春に改組第1回帝展 (新帝展) が開かれたが1回限りで廃止、同年秋文部省美術展覧会が開催された。 37年新たに帝国芸術院官制が公布され、あらためて第1回文部省美術展覧会 (新文展) が開かれた。新文展は 43年まで6回続き、翌年、文部省主催の戦時特別美術展が催された。第2次世界大戦後は、46年春に文部省主催の第1回日本美術展覧会 (日展) が開かれた。日展は以来毎年1回行われ、57年まで 13回続いた。その間、47年帝国芸術院は日本芸術院と改称、翌年から日展は日本芸術院主催となり、49年には日展運営会が組織され、第5~13回日展は日本芸術院と日展運営会が共催。 58年日展は日本芸術院と分離して社団法人日展となり、完全な在野団体として官展の性格を脱皮し,現在にいたっている。

《「官設美術展」の略》政府が主催する美術展覧会。日本では、明治40年(1907)、日本画・洋画・彫塑の総合展である文部省美術展覧会(文展)が開始。大正8年(1919)帝国美術院展覧会(帝展)と改称。その後、新文展、日展(日本美術展覧会)を経て、昭和33年(1958)から民間団体である社団法人「日展」の運営となり、官設展は消滅した。

各美術団体が行う展覧会に対して、政府が主催する美術展覧会。1907年政府が美術振興政策として文部省に美術審査委員会を設け、文部省美術展覧会(文展)を開催したのが最初。新旧派の対立の結果、日本画から日本美術院が再興、洋画から二科会が分立して、美術審査委員会は1919年廃止。新たに帝国美術院規定による美術展が設けられ、帝展と呼ばれた。これも長年の間に帝展型マンネリズムの傾向、無鑑査出品者の氾濫というような弊害が生じ、1937年改組、帝国芸術院を設置して文部省主催とし、在野の作家も参加できるようになった(新文展)。戦後1946年に日本美術展覧会(日展)と改称して再出発したが、1949年予算削除のため政府主催の展覧会開催が不可能となり、以後日本芸術院と芸術院会員有志で組織される日展運営会との共催で開かれることとなった。1958年からは芸術院の手を離れ、社団法人日展によって運営されることとなった。