乾漆

乾漆 ( かんしつ )

漆技法の一つで、木心乾漆と脱活乾漆とがあります。
生漆・地粉・砥粉をまぜたものを、木や粘土の芯材の上に塗り、刻苧と麻布を交互に貼り重ね、形を整えながら漆塗りをします。
木心法は、芯材を中にいれたままにし、脱活法は漆が乾燥してから内部の芯を脱却します。
奈良時代から仏像、箱、器などがこの技法で作られてきました。