狩野派

狩野派 ( かのうは )

室町中期から明治時代に及ぶ日本絵画史上最大の流派です。
画風はだいたい宋元画の影響で成立し、中ごろの装飾画の風を帯び、のち再び元に戻りました。
常に武家政権と結んで専門絵師としての正統を誇り、特に江戸時代には、探幽ら一族門弟が幕府や大名などの御用絵師となって伝統的な勢力をふるいましたが、安定した地位の世襲は伝統を墨守して陳腐に流れ、江戸中期からは芸術的な生命は反狩野派の諸派によって保持された感が強くあります。