貫入

貫入 ( かんにゅう )

釉薬上に留まっているヒビのこと。
焼成したての器が急に冷えると生じます。
磁器の場合は、価格が低くなることもあります。

胎土と釉薬との膨張収縮率の違いにより釉薬の表面にあらわれる「ひび」のこと。
釉ひび、冰裂紋、開片など、その表現はさまざまです。

貫入は、使っていくうちに増えたり、お料理の色が染み込んだりするので、器自体の味わいを感じて変化を楽しむ方もいらっしゃいます。