貫入

貫入 ( かんにゅう )

釉薬上に留まっているヒビのこと。
焼成したての器が急に冷えると生じます。
磁器の場合は、価格が低くなることもあります。

本格的な作品に陶磁器本体まで、とどいた傷とは区別されて
本体に届いてない釉の釉薬のみに入ったヒビのようなもので、使用しているとその隙間から水や小さなごみが入り、変色したり、黒くなったりしてきたなくなります。
胎土と釉薬との膨張収縮率の違いにより釉薬の表面にあらわれる「ひび」のこと。
釉ひび、冰裂紋、開片など、その表現はさまざまです。

貫入は、使っていくうちに増えたり、お料理の色が染み込んだりするので、器自体の味わいを感じて変化を楽しむ方もいらっしゃいます。

一般の説明とは違い骨董品業界の場合は、特殊な言い方や表現があり戸惑われる方もおられますが、昔からの習慣や慣例に基づき続いている古い業界なので、大きく物事をとらえて頂き骨董品や茶道具を連想して考えて頂ければ、と思います。