寛永の三筆

寛永の三筆 ( かんえいのさんぴつ )

江戸初期の本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)、近衛信尹(このえのぶただ)(三藐院(さんみゃくいん))、松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)(滝本坊(たきもとぼう))をいう。
この3人は、室町時代までの型にはまった書に対し、上代様(じょうだいよう)の古典に立脚した新書風を展開し、一時代を築いた。