窯疵

窯疵 ( かまきず )

焼成中に自然にできた疵のこと。
製作過程で生じたホツやソゲの上に釉薬が掛かった状態のことです。
無キズとして扱われます。

使用中の傷と区別して呼ぶ言葉で、やきものを焼成中に出来た傷。
欠けたりヒビが入っていても、その傷は釉薬の下にあります。
重ねて焼いたことでついた傷は、傷ものにはなりません。