窯印

窯印 ( かまじるし )

共同の窯を使用する場合、作者・注文主などを区別するために用いた独自の印のことです。
備前の窯印は特に多く見られ、印はイ・丸・十など簡単なものが多く、陶磁器や窯の道具の底・肩・胴などに目印を付けました。
現在ではほとんどの陶芸家が個々に窯を持っておりますが、昔は登り窯のような大きな窯で一度に品物が焼かれており、共同で焼いていた為、個々の作品に間違いがないように、それぞれの品物に印を付けて焼きました。