茶釜 ( ちゃがま )

茶の湯に使う釜。
点茶(てんちゃ)において釜一つあれば茶の湯はなるといわれるほど重要な道具である。
鉄で鋳造されたものが多いが、まれに金、銀などもある。
釜には、形、口造(くちづくり)、鐶付(かんつき)、蓋(ふた)、膚(はだ)、由来など委細が特徴となり、茶の心が示されている。

茶の湯専用の釜。
鉄の鋳物が主だが、まれに金・銀・陶磁製もある。
鎌倉時代から専用の釜として製作され、室町時代の茶道の隆盛につれて優作が多く作られた。
特に芦屋(あしや)釜、天明(てんみょう)釜は有名。

茶をたてる湯をわかす釜。
多く鉄製で、上部がすぼまり、口が小さい。

芦屋釜、天命釜、京釜、関東釜などがある。