窯 ( かま )

器物を焼成したり、金属やガラスを溶解したりするために高温を出せるように築かれた装置。通常、火室、窯室、煙突の3部から成る。陶磁器の焼成の目的からは、素焼窯、本焼窯、締焼窯、釉窯、絵付け窯があり、形状からは穴窯、円窯、角窯、登り窯などの区別がある。また、炎の方向により直炎窯、倒炎窯、平炎窯などの分類もできる。熱源としては薪材のほか、木炭、石炭、ガス、重油、電気なども用いられる。

(窯)陶磁器・ガラスや炭などを作るときに、素材を高温度で焼いたり溶かしたりするための装置。ふつう耐火煉瓦(れんが)で造る。

陶磁器を焼く窯は焚口(たきぐち)(火室)、窯室(袋)、煙出し(通風装置)からなり、焼成目的によって素焼・本焼・絵付窯、形により角窯、円窯、楕円窯などがある。窯の使用はエジプト、中国が最も古く、大別して平地窯、登窯に分けられる。世界的に平地窯が最も多く、登窯は東洋独特の様式。日本では須恵器の伝来に始まり、室町期以前は穴窯、桃山以降は半地上式から連房式登窯(蛇(へび)窯、割竹窯)と変わり、明治以後はトンネル窯から重油・電気・ガス窯と発展している。

「のぼり窯」のこと。山の斜面を利用して、ドーム状の窯を作る。外で焼くよりも高い温度になるので、瓦や須恵器などかたい焼き物を作るのに適している。

日本六古窯とは、平安から鎌倉時代に始まった窯。瀬戸、常滑、丹波、備前、越前、信楽を指します。六古窯以外にも全国各地で鎌倉時代の窯跡が数多く発見されていますが、いずれも淘汰されていきました。良質の器を安く効率良く生産し、各地へ販路を拡大して産業として根付いたものが六古窯です。