掛軸

掛軸 ( かけじく )

掛物、掛字、掛幅ともいう。
書画を布や紙で表装して竹木などの軸をつけ、床の間などに掛けるように仕立てたもの。
縦長のものを縦軸、条幅といい、横長のものを横幅という。
独幅、対幅 (双幅)、三幅対などとして掛ける。

裂(きれ)や紙で表装(ひようそう)し、床の間に掛けるようにした絵または書をいう。

仏教を広めるための道具とし初めて日本に流入し、現在では日本の文化と融合し、室内装飾で重要な役割を果たしている。
床の間に掛けるものという意味で、「床掛け」ともいう。
「床掛け」以外の掛軸には、仏壇の中に掛ける「仏掛け」がある。
本尊や脇侍の絵像、名号・法名軸がある。