楷書

楷書 (かいしょ)

書体の一つ。
漢代の隷書体に代わり、南北朝から隋唐にかけて標準となった書体です。
楷書体(かいしょたい)とは、漢字の書体の一つ。
『手書き書体』と『印刷書体』の二種類に分かれ、前者を楷書、後者を楷書体という。