かいらぎ

かいらぎ ( かいらぎ )

梅花皮とも書く。
釉薬がちぢれて、うろこ状になっていること。
九谷焼の口縁にときどき見られます。
無キズとして扱われます。

釉がちぢれて粒状(鮫肌状)になった様子をこう呼びます。
技術的に焼成不足からの欠陥ですが、井戸茶碗の見所のひとつになっています。