絵画専門学校

絵画専門学校 ( かいがせんもんがっこう )

京都市立絵画専門学校
1909年創立。
日本画科、図案科がおかれた。
開校当時の教授には竹内栖鳳、菊池契月、山元春挙、菊池芳文など京都日本画壇の実力者をそろえ、卒業生として、村上華岳、土田麦僊、入江波光、西山翠嶂、小野竹喬、福田平八郎、徳岡神泉ら近代日本画史に重要な位置を占める多くの日本画家が輩出した。
45年京都市立美術専門学校と改称、50年に京都市立美術大学、さらに 69年に京都市立芸術大学と改称、その美術学部として現在にいたっている。

明治42年
公立。
日本画及び図案、図画教員を志望する者に必要な教育の場として、京都市立美術工芸学校の地に隣接して設けられる。
教授は竹内栖鳳、菊池芳文、谷口香きょう、山元春挙、菊池契月らがおり、美術工芸学校と兼ねる者が多い。
大正15年
今熊野の地に移転。 
都路華香校長に就任。
昭和20年
京都市立美術専門学校と改称。 
昭和25年
京都市立美術大学となり、旧絵画専門学校は昭和27年廃止。

京都市立芸術大学は、1950年に設置された、
日本では初の公立の絵画専門学校を母体に設立された日本の公立大学である。