鏡 ( かがみ )

姿を映し見る道具ですが、古代においては共同体の祭器であり、また首長の権威のシンボルでもありました。
日本の鏡は中国朝鮮からもたらされた船載鏡、それを模して作った製鏡、日本独特の和鏡に分けられます。
前二者は青銅製が普通で、細線鋸歯文鏡を除いて凸面鏡に作られています。
また同一の鋳型で作られた鏡を同笵鏡、製作されてから古墳などに埋納されるまで長く継続使用されたものを伝世鏡と呼びます。
鏡の裏は鈕(ちゅう)があり、その周囲に文様が鋳出されていますが、この文様によってさまざまな形式に分類され、生産地や時期を知る手がかりになります。
和歌山県隅田八幡宮所蔵の製鏡 は紀年銘を持つものとして有名です。