加賀藩百万石

加賀藩百万石

加賀百万石 (かがひゃくまんごく)
加賀藩の石高である100万石、あるいは加賀藩自体を表したもの。

かがはん【加賀藩】

江戸時代、加賀(かが)国石川郡金沢(現、石川県金沢市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。加賀国、能登(のと)国、越中(えっちゅう)国3ヵ国の大部分と近江(おうみ)国に102万5020石を有した大藩。
「加賀百万石」と称され、外様でありながら、御三家に準ずる待遇を受けた。藩校は明倫堂(めいりんどう)(文学校)、経武館(けいぶかん)(武学校)。
1581年(天正(てんしょう)9)に、藩祖前田利家(としいえ)が織田信長(おだのぶなが)から能登1国を与えられたのが始まりで、その後、豊臣秀吉(とよとみひでよし)から83年、85年と加増された。
その子利長(としなが)は1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦いで徳川方についてさらに加増され、120万石に及んだ。
その後、39年(寛永(かんえい)16)に3代藩主利常(としつね)が小松に隠居した際、次男利次(としつぐ)に富山藩10万石、3男利治(としはる)に大聖寺(だいしょうじ)藩7万石を分封(ぶんぽう)、加賀藩は103万石弱となった。以後その石高で明治維新まで14代が続いた。
利常と5代綱紀(つなのり)は学問や工芸を奨励、利常のときにつくられた池と数寄屋は、12代斉広(なりなが)、13代斉泰(なりやす)の時代に大規模に造営され、回遊式庭園の兼六園(けんろくえん)が完成した。
また綱紀は古今の和漢書を集め、尊経閣文庫(そんけいかくぶんこ)をつくった。1871年(明治4)の廃藩置県で金沢県となった。
その後、大聖寺県、さらに新川(にいかわ)県と合併して旧3国に広がる石川県を構成したが、83年に越中4郡が分かれて富山県が設置され、現在の石川県域が確定した。
金沢藩ともいう。

領主は外様大名前田氏。
城地は加賀国金沢。
加賀、能登、越中3ヵ国の大部分と近江国に102万5020石余を領知した大藩。
1581年(天正9)藩祖前田利家は織田信長から能登国を給知されて七尾に居城し、83年に羽柴秀吉から加賀国北半を加増されて金沢城に入った。
越中の佐々成政征伐のあと、長子利長とともに越中国を加封され、1600年(慶長5)2代利長は徳川家康から加賀国南半を増給された。
ほかに1595年(文禄4)から近江国に二千数百石を領し約120万石に及んだ。