重要文化財

重要文化財 ( じゅうようぶんかざい )

有形文化財のうち特に重要なもの。
文化財保護法により指定されている。
対象は、絵画、彫刻、書跡、典籍、古文書、工芸品、建造物、考古資料などで、文化審議会の審査を経て、文部科学大臣によって指定される。
管理については文化庁長官の監督を受け、その保護のための管理・修繕につき国からの補助がなされる。
このほか、現状変更などの制限、輸出の禁止、国に対する売り渡しの申し出、公開に関する規定などがある。

文化財保護法による有形文化財のうち、重要として文部科学大臣が指定したもの。
特に文化史的価値の高いものは国宝に指定。
重文。

日本にある有形文化財のうち、とくに重要とみなされたもの。
「重文」と略称される。
1950年(昭和25)に制定された「文化財保護法」に基づき、文部科学大臣が、絵画、彫刻、工芸品、考古資料、建造物などの遺品中、芸術上・学術上などの見地からとくに価値の高いものとして指定したものをいう。
1949年の法隆寺金堂の火災を機に、かつての「国宝保存法」などにかわってこの制度が成立、同時に従来の国宝はすべて重要文化財と改められた。
一方その後も、これ以外のものから新たに選考して重要文化財が追加指定されている。

文部大臣が国宝に指定した、美術、工芸、書跡・典籍、考古資料、歴史資料、建造物など国が指定する重要文化財のうち、とくに製作がすぐれ、学術的価値が高いもの、かけがえがなく歴史上きわめて意義が深いもの。