陣屋

陣屋 ( じんや )

江戸時代、郡代、代官、旗本などが任地あるいは知行地に所有した役所。
ほかに無城の大名、交代寄合などの居館をもいう。

江戸時代、城をもたない小大名や交代寄合の屋敷。
また、旗本・郡代・代官などの支配地における役宅や屋敷。

江戸時代には無城の小大名や交替寄合の拝領地における居館、大藩重臣の城下町外の屋敷、用水方普請役の詰所、藩飛地領や高禄旗本の知行地の支配にあたった地方役人の役所などを陣屋とよび、幕府郡代・代官の支配地における役宅である代官所も代官陣屋の別称があった。

古代では宮中を警固(けいご)する衛士(えじ)の詰所、中世では合戦の際に軍兵の駐屯する軍営を称した。
江戸時代になると、無城の大名や交替寄合(こうたいよりあい)の館舎をよぶようになり、一般には代官や旗本の支配地における役宅や屋敷、用水方の御普請(ごふしん)詰所をさすようになった。

軍事上よりも、民政の拠点を意味するようになった。
陣屋は城に準ずるもので、土塁や堀はあるが、高い石垣はない。
陣屋内には居館、役所、家臣の役宅や土蔵、調練場などが配置されている。
代官陣屋は幕府の地方行政の拠点であり、代官の官舎の本陣、公用を執務する役所、米蔵、運上蔵、手付(てづき)や手代(てだい)の官舎である小屋や長屋、牢屋(ろうや)を総称する。
普通は白壁の高塀、やぶ、溝または空堀で境界をつくっている。