尋常小学校 

尋常小学校( じんじょうしょうがっこう )

1886年の小学校令による初等の基礎課程を担当する学校。当初は4年制で原則的に就学が義務づけられ、3年以内の「小学簡易化」での代用も認められた。上部に高等小学校がある。 1900年4年制に統一、08年6年制に延長。 41年国民学校令で国民学校初等科に改編。

旧制の小学校で、満6歳以上の児童に初等普通教育を施した義務教育の学校。明治19年(1886)の小学校令により設置され、修業年限は初め4年、同40年からは6年。

1886年(明治19)小学校令により設置され、満六歳以上の児童に初等普通教育を施した義務制の小学校。期間は最初四年、1907年から六年。41年(昭和16)国民学校令により国民学校初等科と改称された。

第二次世界大戦前の小学校の一種で、初等普通教育を施した学校。1886年(明治19)の小学校令において、小学校を尋常小学校4年、高等小学校4年とし、さらに1907年(明治40)に尋常小学校6年、高等小学校2年とし、国民学校令(1941年)までこの制度が存続した。