陶磁器

陶磁器 ( とうじき )

陶器より高温で焼成した吸水性のない、素地が白色で半透明の硬い焼物です。
素地はガラス化し、軽く打つと澄んだ音がします。
中国宋時代から始まり、日本では江戸時代初期に有田で始められました。